読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルフ・オブ・ウォルストリート観た。やっぱりディカプリオ最高

内容は、ペニー株とよばれる安くて価値のない株を口先八丁でどんどん売って儲けを出すという、とんでもない株屋の超どす黒いサクセスストーリー。

ドラッグ、セックス、ドラッグ、ドラッグ。とにかくキメてバリバリ稼ぐスタイルが一貫していて、いろんな意味でぶっとんだ映画でした。

前からおもってたけど、ディカプリオのキメる演技は神がかってる。

いいところもあって、何の才能もないくすぶってる人たちを一流のストックバイヤーに育てていく過程とか、シングルマザーに小切手わたして雇い入れたところにはぐっときた。共感はしないけど。

ぬるーい映画ばかりで刺激が足りないときに観るとスカッとする感じ。ただドラッグはヤバイというのもよく理解できた。