読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしも仮面ライダーNo1を決める「K-1グランプリ」があったら優勝は「響鬼」

企画 もしもシリーズ 仮面ライダー

仮面ライダー大図鑑なる本を子どもにプレゼントしてから、絵本の代わりにこの本を読む(読まされる)機会がおおくなり、本編を知らない父もいつのまにか、顔と、名前と、ちょっとしたプロフィールを覚えてしまいまして……。

ふと「武器も必殺技も使わない、ガチの殴り合い」で1番強いライダーって誰だろうということになり、どう考えても響鬼だよなという結論になりました。 以下、理由。

響鬼って?

手に持っているのは、太鼓の撥(ばち)です。これで敵を太鼓のように打ち鳴らして倒すユニークな技を使います。

ムキムキ

筋肉量が半端じゃない。

そして、他のライダーよりなんだか禍々しい。「鬼」と付いてるだけあって、顔も怖いし、腕力では他のライダーを圧倒しそうだから。

デカい

格闘技の世界でかならず存在する「階級」。

K-1だったら、スーパーヘビー級。柔道だったら、無差別級。

体重や身長によって分類しないと、パワーもタフネスも違う人が戦うというのは、危険なことなのです。刃牙みたいなのは漫画の話。渋川剛気にげて!

響鬼はとにかくデカいんです。

大図鑑情報によると、変身時の身長はなんと2.2m!
220cm!もっといえば2,200mm!

左ジャブが、右ストレート級の威力を持つと恐れられた「最凶巨神兵セーム・シュルトでさえ212cm。

最凶巨神兵を超える身長なわけです、響鬼

この身長で、あの筋肉量であれば、昭和ライダーは束になっても勝てそうにありません。

結論

ということで、仮面ライダーグランプリ(K-1)の覇者は間違いなく、響鬼だとおもったのでありました。