あたらしいコミュニティを知ることについて コミュニティリーダーズサミット in 高知 2018 #CLS高知

eventregist.com

2018/05/19 に高知で開催されたCLS高知に参加しました。 コミュニティ?リーダー?サミット?というくらいの感覚しかなかったのですが、参加後からいろいろ心境に変化があったので書き留めておきます。

開けたコミュニティの共感覚、祭り感

誰に強制されたわけでもなく、全国各地から高知に足を運んでライトニングトークをしていらっしゃる方々を見ていて、「このエネルギーの源泉はなんなんだろう」と。 勉強会や技術系のカンファレンスには参加経験があったけれど、それらのモチベーションは「スキルの習得」だったり「情報の収集」だったりします。 このイベントの内容も、テーマをあげると「地場産品のブランディング」とか、「地方の現状の理解と創生への取り組み」だったとおもうんですが、その場の雰囲気は、スピーカーもパネラーもオーディエンスも一体となって場の盛り上がりを共有して楽しんでいるように感じました。(モデレーターの方のテクニックもあるのだとはおもいますが。)

セッションの合間に休憩時間もとられ、参加者どおしでのコミュニケーションも生まれていました。私自身も、JAWSコミュニティの方とお話させていただいたり、別の勉強会で面識がありこのイベントの存在を教えてくれた方々と挨拶を交わしました。

グループワークの時間で、即席のチームで1つのテーマについて議論をする時間があり、新鮮であたらしい気付きのある時間でした。

セッションを聴き終えてまず思ったのが、自分が地元高知のことをいかに知らなかったか。でした。 あるスライドで「参加者が人を通じて街に興味を持つ」とありましたが、まさにソレ!といった気持ちです。

会場となったSHIFT PLUS セミナールームの存在も申し込みまで知らなかったし、各種イベントサイトで調べてみたらミートアップやセミナーもかなり開催されていました…。高知に対するアンテナを張っていなかったかがよくわかりました。

「気づく」と「考える」

県内外の事例をプレゼンしてもらったことで、いろんな気づきがあったわけですが、その中から自分が興味をもったことだったり、関心を寄せたことがあると、それについて考えるというアクションが発生します。 畑違い、場違いなんて気にするのはもったいなくて、さらにいえば、守備範囲や活動圏内から遠ければ遠いほどたくさんの知見を得ることができるんじゃないかとおもわされました。

きっかけは何でもOK

イベント後の懇親会では、いろんなきっかけでお話させてもらうことができました。 「リモートワーク」「結婚」「坂本龍馬」などのキーワードでざっくばらんな会話ができました。 ヤッホーブルーイングさん提供のビール、寿司にピザにカツオのたたき(一番人気!)と豪華でした。

コミュニティとはこういうことだ!までは到達していないのですが、コミュニティを通じて広がる世界というのは実感できました。

Twitter

#Kibela 「深く考える訓練(@fladdict)」テンプレート

noteの「深く考える訓練」をすぐに実践できて良いのでおすすめします。

「1つのギモンに5回のなぜ?をぶつけるハック」 なのですが、これをやってみると最初のギモンの本質が少しずつ見えてきます。見えてこない場合は「質問の角度を変える」と次の答えが「ハネて」良いとおもいます。

Kibelaでの画面

f:id:hirocueki:20180213182226p:plain

タイトル

深く考える訓練「なぜ~なのか?」

本文

[深く考える訓練、その1|深津 貴之 (fladdict)|note](https://note.mu/fladdict/n/n8ab496771bc0)

Q1. なぜ、~?
A1. ~から。

Q2. なぜ、~?
A2. ~から。

Q3. なぜ、~?
A3. ~から。

Q4. なぜ、~?
A4. ~から。

Q5. なぜ、~?
A5. ~から。

# まとめ

まとめ

  • Kibelaいいよね!
  • THE GUILD いいよね!
  • note どんどんよくなるよね!
  • こばかなさんいいよね!

カゴの白菜

書店とファストフードが合わさった店でコーヒーを飲みながら本を読んでいた。

 

ふと向かいの店に目をやると、カゴに入った白菜が見える。横に立てかけられた小さな黒板には100円の文字。

 

昭和か。2018年1月現在の日本では野菜は高騰し、レタスがキロ当たり千円を超えているのに、目の前にある白菜はひと玉が100円という。

 

帰り際に買って帰ろう。

 

小ぶりだろうが、中がスカスカだろうが、大の大人の心を踊らせた白菜。

 

 

 

しばらく本を読み、さてそろそろ。立ち上がる前にもう一度みたカゴに白菜は無かった。

 

カゴすらなかった。あぁ。

 

 追記

そのあと立ち寄ったら例の白菜のカゴは移動させられていただけで無事に買うことができた。そのほかにもたまねぎ、ほうれんそう、長ネギなども合わせて買った。850円。

 

かえりすがらの良心市に「割れトマト」「あさどれセロリ」を発見し、500円でどちらもゲットし、満足感の高い買い物にひとりホクホクして帰路についたのであった。

「Fate/Apocrypha」のなかで「自由とは」について刺さった言葉

www.netflix.com

冬木の街で執り行われていた、七人の魔術師と英霊たちによる「聖杯戦争」。しかし、その聖杯が強奪され、英霊十四騎によるかつてない規模の戦争―「聖杯大戦」が勃発する。

“自由”とは

“自由”とは

心が自由であることだ

なさねばならぬときに

それをなしーー

なしたことに

自分で責任を取れることだ

本作で個人的なイチオシ「音速突破的疾走感あるサウンド」

剣や槍の先から炎や雷がほとばしる演出は、ひとつ違えばチープな印象になってしまいがちなところ、この音響効果が爆風の凄まじさや、熱量の高さ、スピード感がブーストしてくれている。

聖杯大戦 ≒ ロボット大戦

いろんな物語の主人公クラスの英雄たちが集結してあばれるという意味でワクワクできるのもいい。

多動日記(高城剛)で紹介されていた「モリンガ」

本書で、高城剛さんが「モリンガ」を摂取していると書かれていた。 気になったので調べる。

モリンガとは | 今、世界中が注目するモリンガとは?天草モリンガファーム 「モリンガ」とは北インド地方を原産とするワサビノキ科の植物。 インド・アフリカ・東南アジア等では「生命の木」「薬箱の木」「森のミルク」「奇跡の植物」 と呼ばれ、古来より、薬や美容、健康のために利用されてきました。 生命力が非常に強く、根、幹、葉、枝、花まで全てが利用できる栄養豊富な植物です。 ●世界一の栄養植物 モリンガは、別名「ミラクルツリー(奇跡の木)」とも呼ばれており、 人にとって大切な栄養素が50種類以上、豊富に含まれています。 とくにビタミンやミネラル、アミノ酸などがバランス良く含まれているのが特徴で、地球上で知られる約10万種もの可食植物の中で、最も高い栄養価を含んでいるといわれています。

サプリも何種類もある。なにより「健康のためなら死ねる」高城剛さんが摂取している。 お茶も飲んでみたい気がするけど、錠剤タイプのほうが摂取が楽ちんかな。

モリンガ自体の効能はわかったので、あとは製造販売元を調べて「正しいモリンガ」を探すことにする。

「モリンガの小粒」が良いらしい

モリンガの6つの効能と効果を高める4つのポイント

安全性以外のすべての項目で最高点で、総合評価が最も高かったのは『モリンガの小粒』でした。

モリンガの小粒の評価が5であるとき、プレーヤーは20点のライフを得る ハッシュタグ #突然mtgのテキストになる