読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kindle開封の儀!

買ったから、さっそく開けるぜ開けるぜー!

箱の儀!

横から見るとこんなカタチしてます。先がとがっているので箱が持ちやすい。

正面!表紙に採用されているのは「太郎さんのKindleなんですね。なるほど。

開ける儀!

さっそく、テープを、カリカリカリカリ…固いわ!

するり。
いつものamazonマークがこんにちは!今日もほくそ笑んでる!

外箱(左)と、内箱(右)。いつものダンボールとは質感が違いますね、質感が!(…内箱、ダンボールっぽいけど)

ここを◀めくれということらしい。

ベリン!ぎゃー!箱が!ええいひるむなーー!ベリン!ベリン!

バタン!
ぎゃー!勝手に開いたーー!縦向き危険!

気を取り直して。箱をひとまず閉めて。

オープーン!
Kindle Paperwhite登場!(2回目)

内容物の儀!

  • 説明書(黒)
  • 説明書(白)
  • マイクロUSBケーブル
  • Kindle Paperwhite

セットアップの儀!

ワシヅカミしてみた図。
Kindleけっこうでけえな」私の指が短いだけですしおすし。

「画面にくっついてるこの紙はなんだあ?カリカリカリ…」


「げー!紙じゃない!」


電子インクで表示されている説明でした。
説明にしたがって電源オーン!

起動中…くるくる。

イタリア語でもよかったけど、日本語の練習のために日本語にするわー!

初期設定的ななにか。

じゃーん!起動!はじめましょう!

Wi-Fiに接続。このへんはiPhoneiPadでおなじみの操作ですね。チョイナ!

接続が終わると、「Kindleの登録」。
すでにアカウントがあるので「既存のAmazonアカウントに登録」を選び、メールアドレス、パスワードを入力する。

これで、アカウントにこのKindleが結びつくようです。

チュートリアルの儀!

本はすべて無料のクラウドに保存されて、そこから端末にダウンロードして読む。そういうシステム。

浅田真央、さらなる高みへ!

次のページは、画面の広い部分をタップ。

前のページは、画面の右側をタップ。

Kindleツールバーを表示するには画面の上部をタップ。

Kindleツールバーはこんな感じ。

フォントは8段階まで切り替えられる。

分からない単語を長押しすれば、内蔵されている辞書で検索してくれる。

ハイライトを使うと、あとで読み返したり、本の内容をシェアできたり、自分の考えをメモとしてリンクさせたりできる。

電球マークは、明るさ調整。

買い物かごマークは、Kindleストア。

家マークは、ホームに戻る。

初期画面の儀!

下の「半額以下セール」が危険な感じです(笑)

重ねるの儀!

ぴったり!ギンモヂィィィィィ!